監督の言葉
解説
物語
おうめ婆さんの言葉
キャスト紹介
スタッフ紹介
撮影日誌
予告編
上映劇場のご案内
リンク集
トップページへ戻る
スタッフ紹介 スタッフ紹介
監督/脚本:小泉 堯史 小泉 堯史
1944年11月6日茨城県水戸市生まれ。水戸第一高等学校、写大(東京工芸大)を経て、早稲田大学を卒業。70年に黒澤明、木下恵介、市川崑、小林正樹の4人の巨匠によって組織された四騎の会所属となり、以後黒澤監督に師事する。71年に黒澤監修によるテレビ用ドキュメンタリー『馬の詩』に助監督として参加。73年には『デルス・ウザーラ』制作のために黒澤監督が旧ソ連に行き、不在のために市川崑、木下亮、堀内甲、中平康、吉村公三郎などの監督の下で助監督、スチールマンとして働く。
また、その頃東南アジア、インド、ネパール、中近東、北アフリカ、ヨーロッパなどに放浪の旅に出た。78年の『影武者』制作の際、シナリオ執筆のため脚本家の井手雅人と共に伊豆へ行き、黒澤監督の資料調査などを手伝った。以後は『影武者』(80)、『乱』(85)、『夢』(90)、『八月の狂詩曲』(90)、『まあだだよ』(93)と黒澤監督の全作品にシナリオ準備の段階から助監督として参加した。また、85年にNHKで放映されたドキュメンタリー『光と風(ポルトガルの騎馬闘牛)』、
97年のテレビ東京放映によるドキュメンタリー『陽光のミャンマー紀行』で監督を務めた。山本周五郎原作による黒澤監督の遺稿脚本『雨あがる』で、2000年劇場映画監督デビューを果たす。武芸の達人だが、不器用で仕官がかなわない武士・三沢伊兵衛とその妻・たよを中心に、享保時代に生きた庶民たちの姿を力強く描く感動作。ベネチア映画祭「緑の獅子賞」受賞、山路ふみ子映画賞受賞し、世界中で絶賛され大ヒットを記録した。さらに、日本アカデミー賞最優秀作品賞をはじめ最多の8部門を受賞、実力派監督としていまもっとも注目を集めている。
原作:南木 佳士
昭和26(1951)年、群馬県に生まれる。秋田大学医学部卒業。現在、長野県佐久郡臼田町に住み、佐久総合病院に勤務、内科医長。56年、難民医療日本チームに加わり、タイ・カンボジア国境に赴く。同地で「破水」の第53回文学界新人賞受賞を知る。平成元年、「ダイヤモンドダスト」で第100回芥川賞受賞。多忙な医療活動の傍ら、着実な創作活動を続けている。他の著作に、短編集「冬物語」、「家族」、長編小説「阿弥陀堂だより」、「医学生」、「海へ」、エッセイ集「臆病な医者」「医者という仕事」などがある。
撮影:上田 正治
1938年1月1日千葉県船橋市生まれ。56年に蔵前工業高校を卒業、4月に東宝入社。撮影助手を経て46年に技師昇格。83年からフリーとなっている。『雨あがる』では日本アカデミー賞最優秀撮影賞を受賞。代表作に『影武者』(75)、『乱』(85)、毎日映画コンクール撮影賞『夢』(90)、日本アカデミー賞最優秀撮影賞『八月の狂詩曲』(91)、日本アカデミー賞最優秀撮影賞『まあだだよ』(93)など黒澤作品のほか、『狼の紋章』(73)、『エスパイ』(74)、『F2グランプリ』(84)、『生きてみたいもう一度 新宿バス放火事件』(85)、『ほんの5g』(88)などを担当している。
美術:村木 与四郎
1944年に東京高専工芸図案科(現千葉大学建築科)を卒業、46年6月に東宝入社。53年3月から契約となる。『雨あがる』では、日本アカデミー賞最優秀美術賞を受賞。
『生きものの記録』(55)、日本映画技術賞と毎日映画コンクール美術賞の『蜘蛛巣城』(57)、『どん底』(57)、『用心棒』(61)、『椿三十郎』(62)、『天国と地獄』(63)、『赤ひげ』(65)、『どですかでん』(70)、毎日映画コンクール美術賞の『乱』(85)、『夢』(90)、『八月の狂詩曲』(91)、『まあだだよ』(93)などの黒澤作品を担当。他の代表作に橋本忍『私は貝になりたい』(59)、小林正樹『上意討ち/拝領妻始末』(67)、森谷司郎『日本沈没』(73)、森谷司郎『小説吉田学校』(83)、松山善三『虹の橋』(93)、市川崑『四十七人の刺客』(94)などがある。99年に勲四等旭日小綬章を賜る。
照明:山川 英明
1946年1月10日新潟県生まれ。64年新潟県立南高等学校卒業。85年に『菩提樹の丘』で照明技師となる。『刑事物語4 くろしおの詩』(85)、『まんだら屋の良太』(86)、『上海バンスキング』(88)、『地雷を踏んだらサヨウナラ』(99)などを担当している。97年の『眠る男』で日本映画・テレビ技術者協会日本映画技術賞を受賞、同年『カンゾー先生』で日本アカデミー賞最優秀照明賞を受賞している。
録音:紅谷 愃一
1931年6月7日京都生まれ。49年3月に京都市立第一工業学校電気科を卒業、7月に大映京都撮影所入社、録音科に所属。54年5月に日活撮影所入社、80年に退社。以降はフリーで現在に至る。黒澤作品は『夢』(90)、『八月の狂詩曲』(91)の二本。『人類学入門』(66)、『神々の深き欲望』(68)、『楢山節考』(83)、『黒い雨』(89)、『うなぎ』(97)など今村昌平作品や、『栄光への5000キロ』(69)、『陽は沈み陽は昇る』(73)、『南極物語』(83)など蔵原惟繕作品が多い。ほかに熊井啓『黒部の太陽』(68)、藤田敏八『赤ちょうちん』(74)、深作欣二『復活の日』(80)、森谷司郎『海峡』(82)、『雨あがる』(2000),降旗『鉄道員』(2000)など多数。
衣装アドバイザー:黒澤 和子
1954年『七人の侍』の製作打ち上げの日に生まれる。成城学園高等学校卒業後、サン・デザイン研究所にてスタイリストの勉強をする。その後、伊藤衣服研究所デザイン科に入学、卒業後にデザイン会社を設立してファッション・デザインに従事する。74年株式会社黒澤プロダクション取締役就任。90年の『夢』から黒澤組に衣装担当として参加する。以降『八月の狂詩曲』(91)、『まあだだよ』(93)、小泉監督作『雨あがる』(2000)と衣装を担当した。現在は黒澤プロの取締役としてプロダクション業務に従事しており、映画衣装デザイナーとしても活躍している。
音楽:加古 隆
東京芸術大学・大学院作曲研究室修了後、1971年フランス政府給費留学生として渡仏。パリ国立音楽院にて、現代音楽の巨匠オリヴィエ・メシアンに師事、1976年作曲賞(Prix de Composition)を得て卒業。在学中の1973年にパリで即興ピアニストとしてデビュー以来、自作品によるコンサートは、現在までに26カ国約200都市に及ぶ。1979年日本人として初めてドイツ・ECMレーベルから『パラドックス』を全世界発売。80年帰国後は映画、舞台、オーケストラなどの委嘱作を含め、作曲及び演奏に、クラシック、現代音楽、ジャズの要素を包含した独自の音楽スタイルを確立した。代表作に、パウル・クレーの絵の印象によるピアノ曲集『クレー』、音楽詩劇『賢治から聴こえる音楽』、NHKスペシャル『映像の世紀』等があり、50作以上のアルバムを発表。昨年、1992年から今日まで10年間の映像音楽作品集CD「Sceneシーン」がソニー・クラシカルより発売され、現在NHKで放映中の「にんげんドキュメント」のテーマ音楽でも知られる。1998年モントリオール世界映画祭のグランプリ作品「The Quarry」(邦題:月の虹)の作曲で最優秀芸術貢献賞を受賞。その後映画音楽では「式日」、「大河の一滴」、「白い犬とワルツを」を手がけた。「阿弥陀堂だより オリジナル・サウンドトラック」は今秋発売、そして1年ぶりの最新アルバムを、同時期発売予定。
●加古 隆 オフィシャル・ホームページ http://www.takashikako.com/