監督の言葉
解説
物語
おうめ婆さんの言葉
キャスト紹介
スタッフ紹介
撮影日誌
予告編
上映劇場のご案内
リンク集
トップページへ戻る
キャスト紹介 キャスト紹介
寺尾聰 樋口 可南子 北林 谷栄 田村 高廣
香川 京子 井川 比佐志 吉岡 秀隆 小西 真奈美
北林谷栄 おうめ役:北林谷栄
1911年(明治44年)東京・銀座生まれ。31年、20歳のとき創作座に研究生として参加。そして36年新協劇団へ入る。同年、築地小劇場での「どん底」に売笑婦ナースチャにふんし、ルカの滝沢修、ペペルの宇野重吉、錠前屋の小沢栄太郎らと五分に渡り合って有望な新人と注目を集め、その後次々に大役を演じ活躍する。40年、新協劇団は左翼的という理由で強制解散させられる。42年、先輩・宇野重吉らとともに、移動劇団・瑞穂劇団を結成、各地を巡演する。北林谷栄という芸名は、20歳の頃、長野を旅し、林、谷川の美しさに胸打たれ命名した。
戦時中は、「帝大新聞」の編集、少女雑誌の記者をして切り抜ける。45年、画家・河原冬蔵と結婚する。戦後、47年の民衆芸術劇場の設立に加わったあと、滝沢修、宇野重吉らとともに、50年、劇団民藝を創立、現在に至る。映画デビューは、木下恵介監督作『破戒』(48)。黒澤明監督作『醜聞』(50)では、貧しい老弁護士の妻を演じた。 その後、今井正監督作『山びこ学校』(52)、新藤兼人監督作『原爆の子』(52)など、老婆あるいは年とった母親を迫真の演技で演じ絶賛され、以後老婆を個性的にいきいきと演じる名手としてキャリアを歩む。このほか吉村公三郎監督作『夜明け前』(53)、山本薩夫監督作『太陽のない街』(54)、五所平之介監督作『愛と死の谷間』(54)、今井正監督作『真昼の暗黒』(56)、小林正樹監督作『人間の条件』(59)、市川崑監督作『炎上』(58)などに出演、なかでも市川崑監督作『ビルマの竪琴』(56)ではビルマ人の物売りの婆さんに扮し、85年に市川監督が再映画化したとき、同じ役を快演する快挙を成し遂げた。次いで59年今井正監督作『キクとイサム』では混血児の孫を育てる祖母を演じ、絶賛され、ブルーリボン賞女優助演賞を受賞した。同年の今村昌平監督作『にあんちゃん』でも第4回サンフランシスコ国際映画祭で最優秀助演女優賞を獲得した。その後、市川崑監督作『鍵』(59)、山本薩夫監督作『松川事件』(61)、大島渚監督作『太陽の墓場』(60)、 浦山桐郎監督作『キューポラのある街』(62)、今村昌平監督作『にっぽん昆虫記』(63)、今井正監督作『越後つついし親不知』(64)、山田洋次監督作『愛の讃歌』(67)、岡本喜八監督作『肉弾』(68)、熊井啓監督作『地の群れ』(70)、山本薩夫監督作『華麗なる一族』(74)など不朽の名作に立て続けて出演、素晴らしい演技力を感じさせた。舞台の代表作には『泰山木の木の下』があり、72年紀伊国屋演劇賞個人賞を受賞、75年には『お尋ね者ホッチェンプロッツ』を書き、演出した。 テレビでは芸術祭賞の『海より深き』(65)やギャラクシー賞の『ラッコの金さん』(72)などがあり芸術祭女優の異名をとった。78年に紫綬褒章。80年半年間、ロンドンに留学、ロイヤル・シェークスピア劇団の芝居を見まくる。帰国後、野村芳太郎監督作『震える舌』(80)、『疑惑』(82)、降旗康男監督作『駅/STATION』(81)、三村晴彦監督作『天城越え』(83)などに出演する。83年の舞台『タナトロジー』は紀伊国屋演劇賞を受賞している。88年にはNHK放送文化賞受賞。新進監督作にも多く起用され、山川直人監督作『ビリィ・ザ・キッドの新しい夜明け』(86)、金子修介監督作『山田村ワルツ』(88)などに出演。そのほか勅使河原宏監督作『利休』(89)、宮崎駿監督作アニメ『となりのトトロ』など。89年、動脈瘤破裂で倒れ、生死をさまよう大手術を行う。復帰作となった岡本喜八監督作『大誘拐/RAINBOW KIDS』(92)での名コメディエンヌぶりが絶賛され、毎日映画コンクール主演女優賞、キネマ旬報主演女優賞、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を独占した。舞台は『ハロルドとモード』(90)、深沢七郎原作『粉本楢山節考』(93)で脚本・出演。佐江衆一原作『黄落』(97)で脚色・出演、脚色で紀伊国屋演劇賞個人賞を受賞。村田喜代子原作『蕨野行』(99)で脚色・出演。著書にエッセイ集『蓮以子八0歳』(91、新樹社刊)がある。