監督の言葉
解説
物語
おうめ婆さんの言葉
キャスト紹介
スタッフ紹介
撮影日誌
予告編
上映劇場のご案内
リンク集
トップページへ戻る
おうめ婆さんの言葉 おうめ婆さんの言葉
畑にはなんでも植えてあります。ナス、キュウリ、トマト、カボチャ、スイカ…。そのとき体が欲しがるものを好きなように食べてきました。
質素なものばかり食べていたのが長寿につながったとしたら、それはお金がなかったからできたのです。貧乏はありがたいことです。
雪が降ると山と里の境がなくなり、どこも白一色になります。
山の奥にある御先祖様たちの住むあの世と、里のこの世の境がなくなって、どちらがどちらだかわからなくなるのが冬です。
春、夏、秋、冬。はっきりしてきた山と里との境が少しずつ消えてゆき、一年がめぐります
人の一生とおなじなのだと、この歳にしてしみじみ気がつきました。
お盆になると亡くなった人たちが阿弥陀堂にたくさんやってきます。迎え火を焚いてお迎えし、眠くなるまで話をします。話しているうちに、自分がこの世の者なのか、あの世の者なのか分からなくなります。
もう少し若かった頃はこんなことはなかったのです。恐くはありません。夢のようで、このまま醒めなければいいと思ったりします。
「阿弥陀堂だより」より